小規模多機能型居宅介護(横浜市)パイナップル畑で

小規模多機能型居宅介護事業所パイナップル畑で

小規模多機能型居宅介護パイナップル畑の介護福祉用語集

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、 認知機能低下、人格の変化を主な症状とする進行性の認知症の一種で、 認知症をきたす疾患の中では最も多い疾患です。

本人に自覚が乏しく、年齢とともに発症率が高くなります。

現時点では根本的な原因はまだわかっていませんが、 脳の神経細胞が徐々に死滅して脳全体が萎縮していく病気です。

言語障害、記憶障害、見当識障害が始まり、やがて失語・失認・失行が現れます。

ドイツのアロイス・アルツハイマーが1907年に最初の症例報告を行ったことが、その名の由来です。

関連用語

介護福祉用語集のページ先頭にもどる

小規模多機能パイナップル畑で:求人情報

小規模多機能での事例紹介